修行

◆修行ステージ 佐渡八十八ヶ所霊場会一覧表へ
  第二十三番 常楽寺
宗派 真言宗
寺院名 雨寶山 常楽寺
所在地 佐渡市北鵜島507
電話 0259-26-2359
本尊 延命地蔵菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス外海府線 北鵜島停留所下車30m

元享元年開基、もとは願の大野にありましたが、風損のおそれから寛文7年現在地へ移されたといいます。文政年間、文殊院の末寺となり、昭和15年には総本山長谷寺の末寺となりました。近くに大野亀の景勝地があります。

  第二十四番 観音寺
宗派 真言宗
寺院名 寶鷲山 観音寺
所在地 佐渡市鷲崎858
電話 0259-26-2224
本尊 聖観世音菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス加茂線 鷲崎停留所下車200m

天正4年5月2日、開基壇徒の渋谷・本間両家によって創建されたと伝えられます。番外佐渡賽の河原 当寺の別当賽の河原には多くのお地蔵さまが祀られ、親に先立った子が泣きながら小石の塔を積むと伝えられています。

  第二十五番 西光寺
宗派 曹洞宗
寺院名 寶鷲山 西光寺
所在地 佐渡市北小浦438
電話 0259-26-2010
本尊 釈迦如来
交通案内 新潟交通佐渡バス加茂線 北小浦停留所下車50m

宝暦寺社境内案内帳によると天正13年開基とありますが、寺伝では応安6年、源翁禅師が来島して徳光寺を建て、翌7年小浦に足を止めて草庵を結んだのが始まりとなっています。境内には豊川稲荷を祀る御堂があります。

  第二十六番 文殊院
宗派 真言宗
寺院名 多宝山 文殊院
所在地 佐渡市浦川265
電話 0259-25-2474
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス加茂線 浦川南停留所 下車100m

文安3年開基。文政5年、当山第33世融代に新談林寺格を得て、島内古談林十ヶ寺に加わりました。宝暦寺社境内案内帳には、文殊院紋ととして近所の四ヶ寺が記され、この地域一帯の中心寺院でした。

  第二十七番 利済庵
宗派 曹洞宗
寺院名 吉住山 利済庵
所在地 佐渡市椿340
電話 0259-25-2167
本尊 聖観世音菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス加茂線 椿停留所下車300m

南北朝の終わり14世紀の頃、城主本間山城入道の死後、妻に土地を譲り受け、その後妻は仏門に入り「妙義」と名を改め、亡き夫の菩提を弔い草庵を結んだのが当山の開基です。

  第二十八番 真法院
宗派 真言宗
寺院名 紅木山 真法院
所在地 佐渡市梅津中屋敷925
電話 0259-27-2906
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス加茂線 浜梅津停留所 下車約500m

開基は文禄2年、本堂前に順徳天皇お手植えと称する「苔梅」があります。古くは梅津寺と言われていました。境内裏手に四国八十八ヶ所の石仏を祀る霊場が設けられ、忠魂碑・天満宮があります。

  第二十九番 安照寺
宗派 真言宗
寺院名 歌代山 安照寺
所在地 佐渡市春日175
電話 0259-27-2673
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 上町十字路停留所 下車150m

足利十一代将軍義澄の頃、加茂の地頭渋谷十郎左エ門の舎弟直正が上洛して将軍に拝謁の時、歌を詠んだ賞として加茂の領地のうち三分の一を賜り、帰国後の文亀2年、歌の代わりに賜ったこの地を歌代と名付け、天神さんを勧請、祈願寺として建立し、山号を歌代山としました。大相撲佐渡ヶ獄部屋の先駆者で、当地出身の佐渡ヶ獄猪之助の過去帳が残っています。

  第三十番 聖徳寺
宗派 真言宗
寺院名 三寶山 聖徳寺
所在地 佐渡市加茂歌代1296
電話 0259-27-2818
本尊 聖徳太子
交通案内 新潟交通佐渡バス加茂線 春日町停留所下車約700m

嵯峨上皇に信任の厚かった大友良持が出家し庭の柳で日頃信仰する吉祥天女の尊像を彫り、承和4年吉祥寺を開基、永正5年、吉祥寺の分寺として正福寺を開基、この後順徳天皇の代に皇宮内に歴代天皇の守護神として安置されていた童顔三尺三寸の聖徳太子立像を佐渡國守護本間氏が赴任の折頂戴し、以後、吉祥寺、正福寺輪番で別当を勤めてきましたが、昭和22年に両寺焼失し、その後太子堂と合併し聖徳寺となりました。

  第三十一番 極楽寺
宗派 真言宗
寺院名 大功徳山 極楽寺
所在地 佐渡市加茂歌代3615
電話 0259-27-4304
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 外城橋停留所下車3.5km

延徳年中の開基と言われています。古くは地蔵院と称し北山権現の別当を兼ね、修験道長者職を勤めた古刹といわれています。境内寺坊隣に北山大権現の鎮守祠堂があります。

  第三十二番 観音寺
宗派 真言宗
寺院名 大悲山 観音寺
所在地 佐渡市長江510-1
電話 0259-27-6678
本尊 聖観世音菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 長江入口停留所下車500m

仁治3年以前の開山、長江地頭名古屋氏の菩提寺と伝えられ近くに城壁があります。境内からは加茂湖や両津湾が一望できます。

  第三十三番 萬福寺
宗派 真言宗
寺院名 紫雲山 萬福寺
所在地 佐渡市秋津1110-1
電話 0259-27-6598
本尊 地蔵菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 秋津停留所下車800m

もともと釜谷というところにあり、加茂一帯の守護仏として信仰されていましたが、天明の頃、今の場所に遷されました。寺の入口に地蔵堂があり、その後方に佐渡を訪れた木喰行堂が庵を結び、しばらく滞在しました。その時木喰の書いた「龍水」の掛け軸と「地蔵堂」の額がいまでもこの寺に残っています。

  第三十四番 光輪寺
宗派 真言宗
寺院名 醫王山 光輪寺
所在地 佐渡市立野292
電話 0259-27-6777
本尊 薬師如来
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 三瀬川停留所 700m

文永6年、加茂地頭渋谷十郎左エ門直清の嫡子渋谷太郎直宗が出家し諸国の霊場を巡歴後、帰国して草創開基したと伝えられています。毎年2月8日に本尊薬師如来のご開帳が行われご利益を授かろうと老若男女がおこもりに集まります。

  第三十五番 大聖院
宗派 真言宗
寺院名 功徳山 大聖院
所在地 佐渡市吉井本郷485
電話 0259-63-6534
本尊 不動明王
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 吉井停留所下車100m

建長2年、吉井の地頭、藍原大和守秀高公によって創建、以後藍原氏の祈願所となりました。室町時代からの印信の写しが数多く残っており、昔は栄えていたことを物語っています。現在の伽藍は大和の長谷寺を模したものといわれています。

  第三十六番 安養寺
宗派 真言宗
寺院名 羽黒山 安養寺
所在地 佐渡市安養寺
電話 なし
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 吉井停留所下車1.7km

地頭、本間主馬の甥、飯岡善九郎が出羽国羽黒神社より同社を勧請して創建し、その別当寺として建立、当時は天台宗でした。上杉景勝の佐渡攻めにより真言宗に改宗しました。当時脇坊に五坊があり、堂宇は羽黒神社境内にありましたが、慶長年間に現在地へ移されました。

  第三十七番 医福寺
宗派 曹洞宗
寺院名 薬王山 医福寺
所在地 佐渡市吉井本郷1372
電話 0259-63-6552
本尊 薬師如来
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 横谷停留所下車700m

天文23年創立。本尊薬師如来像は行基作で高さ三尺にも及びます。また、境内には子安弁財天が祀られ、子どもの授かり、安産の守り仏として土地の人に信仰されています。

  第三十八番 善積寺
宗派 真言宗
寺院名 福聚山 善積寺
所在地 佐渡市大和1359
電話 0259-63-6682
本尊 千手観世音菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 横谷停留所下車1.3km

天文2年に宥快により開基、境内に薬師如来を安置した薬師堂があり、その前に大きな杉の木がありますが、土地の人はこの杉を「お薬師杉」と読んで崇め親しんでいます。

  第三十九番 大慶寺
宗派 真言宗
寺院名 神峯山 大慶寺
所在地 佐渡市金井新保乙1110
電話 0259-63-2530
本尊 阿弥陀如来
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 運動公園前下車100m

佐渡の最高峰、金北山の別当職でした。当初は天台宗に属していましたが、上杉景勝の佐渡攻めによって上杉の帰依する真言宗に改宗、寺号も当初は雲上寺、その後改め八幡山阿弥陀院長福寺、江戸中期の享保元年に大慶寺と改称しました。

大慶寺のホームページはこちら。

  第四十番 正覚坊
宗派 真言宗
寺院名 五智山 正覚坊
所在地 佐渡市千種甲831
電話 0259-63-2247
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 女子高前下車1km

弘仁5年、薬師十二神将になぞらえ、その里寺として新保川流域に薬師堂を中心とする十二の寺院が建立され、「薬師十二坊」と呼ばれるようになりました。正覚坊もその一つでしたが、明治元年11月21日には廃寺令が布告され、寺院整理の強行方針により薬師十二坊はすべて廃寺となりました。同年4月檀信徒の努力により、廃寺復興願いが出され、薬師十二坊のうち正覚坊は最も早く復興しました。

正覚坊のホームページはこちら。

  第四十一番 宝蔵坊
宗派 真言宗
寺院名 玉龍山 宝蔵坊
所在地 佐渡市千種乙410
電話 0259-63-2913
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 金井下車 1.6km

弘仁の末頃(823年)快祐禅門によって開山、往昔は天台宗の寺院でしたが江戸期(1615年)に至り真言宗に改宗しました。薬師十二坊の一寺で、本尊の脇立、右側の虚空蔵菩薩と左側の地蔵菩薩は、それぞれ十二坊の中で廃寺となったご本尊です。

  第四十二番 投瑯寺
宗派 曹洞宗
寺院名 金玉山 投瑯寺
所在地 佐渡市中興乙474
電話 0259-63-3623
本尊 釈迦如来
交通案内 新潟交通佐渡農業技術センター停留所下車2km

大永2年に創建。当時は今より倍以上の大きな伽藍を構えていましたが。明治初年に廃寺となり、伽藍は売却されました。その後檀徒の熱意で復興され、建物と本尊は赤泊村の某寺から移されました。現在の本尊は釈迦如来ですが、その後方の阿弥陀如来像が当時の本尊です。

  第四十三番 多聞寺
宗派 真言宗
寺院名 如意山 多聞寺
所在地 佐渡市平清水1003
電話 0259-63-4090
本尊 不動明王
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 泉停留所 下車3.55km

大同年間創立、初め天台宗で平泉寺といい、当地の毘沙門天別当でした。上杉の兵乱によって寺及び東坊の他皆廃絶し、遂に真言宗に改め、毘沙門堂がありますが、そこの本尊毘沙門天は聖徳太子が柳の霊木を得て彫ったものと伝えられ、萬治3年快祐和尚を中興第1世とし、これより如意山宝珠院多聞寺と号するようになりました。百足(むかで)が侍者となっています。

多聞寺のホームページはこちら。

  第四十四番 真田寺
宗派 真言宗
寺院名 法朝山 真田寺
所在地 佐渡市真光寺404
電話 0259-52-4120
本尊 地蔵菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 鍜冶町中原(停)下車4km

弘仁2年開基。本尊は地蔵尊、他に不動明王と虚空菩薩が祀られていたと言われ、この三尊は行基菩薩の御作であると伝えられています。以前は田中坊と呼ばれ、真光寺寺家八ケ坊のうちの一つでした。明治元年、本寺真光寺及び寺家八坊は悉く廃寺となりましたが、明治12年に上の坊、東の坊、坂本坊を合わせて再度従前の田中坊の名で復旧、昭和17年、真田寺と改称されて今日に至ります。

真田寺のホームページはこちら。