菩提

◆菩提ステージ 佐渡八十八ヶ所霊場会一覧表へ
  第四十五番 円照寺
宗派 真言宗
寺院名 清水山 円照寺
所在地 佐渡市真光寺816
電話 0259-52-4059
本尊 十一面観世音菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 鍛冶町中原停留所下車約4km

当初は今の場所より1キロほど山奥にあり、十一面真性院と称され、白山修験の寺でした。天正17年、上杉景勝公が移築され、武運長久の祈願寺として真光寺の寺家八坊に組み入れられ、円満坊となり、その後円照寺と改称しました。寺の仁王門は初代金山奉行多大久保長安の発願で真光寺に寄進されたものを移築したものです。寺宝に木喰行道作「子育地蔵尊」があり、行道が真光寺に参詣の折一夜で彫ったという全国でも珍しいものです。

  第四十六番 蓮花院
宗派 真言宗
寺院名 乗福山 蓮花院
所在地 佐渡市上矢馳506
電話 0259-52-2988
本尊 不動明王
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 上長木停留所下車400m

天長年間に開創したと伝えられ、宝徳元年、尊海和尚が中興しました。明治11年隣接の乗福坊と合併したので、山号を乗福山としました。寺は中性末本間佐渡守の末裔が築いた矢馳城の城跡に建っており、いまも境内の西側に土塁を残しています。

  第四十七番 正法寺
宗派 曹洞宗
寺院名 瑞泉山 正法寺
所在地 佐渡市泉甲504
電話 0259-63-2032
本尊 釈迦如来
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 泉停留所下車150m

当山は寛永の頃まで臨済宗に属していましたが、本間家の旧臣から出た第二世宋竜和尚代に曹洞宗となり寺格を昇進させました。観世元清(世阿弥)が住んでいたお寺として知られ、世阿弥の遺物の能面、世阿弥像、腰掛け石があります。

  第四十八番 世尊院
宗派 真言宗
寺院名 興栄山 世尊院
所在地 佐渡市中興乙935
電話 0259-63-2509
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 農業技術センター停留所下車500m

弘治2年、沢根の地頭本間摂津守の子息が建立したといわれ、真言宗智山派智積院末寺として今日に至ります。承久の変で順特天皇が佐渡流遷の折お供の蔵人藤原清光が庭を築いて歩き、その労金で帝を養われたといいますが、その庭の一つが本堂の横にあります。

  第四十九番 種徳院
宗派 曹洞宗
寺院名 水月山 種徳院
所在地 佐渡市金丸716
電話 0259-55-2775
本尊 聖観世音菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 辰巳停留所 下車1.5km

永享9年地頭本間土佐守の建立で開山は雪山要呑大和尚。小倉川が国府川に落ち合う流域の両側に拓けた部落で金丸殿の支配地でしたが、現在は川は埋め立てられ、道路に改装されています。国仲の穀倉地帯にあるこの部落は米の産地としても有名で、この水利権を支配したのが本間氏です。

  第五十番 法幢寺
宗派 曹洞宗
寺院名 建立山 法幢寺
所在地 佐渡市三宮257
電話 なし
本尊 釈迦如来
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 三宮停留所 下車約1km

開山は快峯憐悦大和尚で、開基はこの地の地頭名古屋四郎安藤によります。今の本尊は新穂の中川治郎右衛門が寄進したものです。

  第五十一番 慶宮寺
宗派 真言宗
寺院名 神護山 慶宮寺
所在地 佐渡市宮川甲457
電話 0259-66-2481
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 宮川停留所 下車200m

大同2年快空法印の開基。大和国長谷寺末。順徳院第一皇女慶子(よしこ)宮との関係で慶宮寺と称するようになり、国分寺とともに一宮神社の別当を勤めました。寺宝に弘法大師筆「般若十六善神」「両界曼荼羅」があり、又境内の八祖堂は回転経蔵式二階建八角厨子があり、二階には金輪仏頂が秘仏として祀られています。

慶宮寺のホームページはこちら。

  第五十二番 真禅寺
宗派 真言宗
寺院名 文盛山 真禅寺
所在地 佐渡市大久保90
電話 0259-66-3232
本尊 不動明王
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 後山坂上停留所 下車2km

養和元年、佐渡に流された文覚上人の開基とされ、本尊脇には上人の位牌が祀られています。上人が流罪となった正治元年から赦免となった建仁二年まで、その間3年9ヶ月滞在した史跡で、奥に鍋倉の滝があります。上人はこの滝にうたれて荒行を続け、草庵を結んで修行したそうで、近くの滝の側壁には文覚上人が彫ったとされる素朴な不動明王の石仏が祀られています。

真禅寺のホームページはこちら。

  第五十三番 玉林寺
宗派 真言宗
寺院名 栄光山 玉林寺
所在地 佐渡市畑野甲203
電話 0259-66-2236
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス南線で27分、畑野学校前下車、畑野小学校方面へ徒歩300m

本尊は大日如来で、前立、文殊菩薩はその年京都の仏師和田浄慶により作られた、玉林寺寺宝である。鐘楼は結構堅緻宏状式で、明治7年真光寺にあったものを鐘と共に購入したものである。鐘楼堂を文化財にして、仏果を高めようと願かけした。宗祖、弘法大師はこう言った「生々に如来の梵響を吐き、世々に衆生の苦声を脱せん」蓋し、梵鐘の響く所、衆生の昏迷の夢を破り、以って覚悟の彼岸に至らしむものなり。

玉林寺のホームページはこちら。

  第五十四番 宝蔵寺
宗派 真言宗
寺院名 白山 宝蔵寺
所在地 佐渡市目黒町171
電話 0259-66-2258
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 畑野十字路停留所 下車1km

延久3年僧快運により開基。山内には灰仏観音堂、白山社があります。灰仏観音は宝永8年に新穂村北方山王薬師堂の住僧が、鎮護国家、諸民の現世後生を祈り、千座の護摩を修し、その灰を練り固めて観音様の形象を彫り、佐渡百観音霊場とされました。

  第五十五番 長谷寺(ボタン寺)
宗派 真言宗
寺院名 北豊山 長谷寺(ボタン寺)
所在地 佐渡市長谷13番地
電話 0259-66-2052
本尊 十一面観世音菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 畑野十字路停留所下車約2.5km、両津港から車で30分 畑野交差点〜車で約5分(徒歩約35分)

長谷寺は大和の初瀬(はせの長谷寺)を模して築かれたと言われています。弘法大師の開基と伝えられ、創建は、大同2年(807年)、真言宗豊山派の本山である大和の長谷寺と同様、観音霊地として知られています。寺宝の十一面観世音菩薩(国指定重要文化財)は弘法大師の作と伝えられ、国の重要文化財に指定されていますが、古来から秘仏とされ、33年ごとに1回開扉することになっています。

長谷寺(ボタン寺)のホームページはこちら。

  第五十六番 普門院
宗派 真言宗
寺院名 瑠璃山 普門院
所在地 佐渡市栗野江563
電話 0259-66-2250
本尊 瑠璃光薬師如来
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 栗野江停留所 下車700m

天文年間には加茂神社の別当寺で、昔は西福寺と呼ばれていましたが、享保年間に同神社の別当を離れ、文政8年に普門院と改称しました。その後宝永7年8月に慶宮寺末寺となりました。

  第五十七番 慶徳寺
宗派 真言宗
寺院名 朝日山 慶徳寺
所在地 佐渡市栗野江497
電話 0259-66-2274
本尊 聖観世音菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 栗野江停留所下車800m

昔、旭という土地に池がありましたが、日照り続きで池の水がなくなったところ、中から聖観世音菩薩が出てきたという伝説があります。その後、文永元年にこの池を埋め立てて一寺を創設し、尊像をここに祀り、その頃は朝日寺と称していました。

慶徳寺のホームページはこちら。

  第五十八番 清水寺
宗派 真言宗
寺院名 東光山 清水寺
所在地 佐渡市新穂大野124-1
電話 0259-22-2167
本尊 千手観世音菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 根本寺停留所 下車約2km

大同3年に賢応法師が開基、本尊千手観世音菩薩は行基作、京都清水寺の本尊と同作のものです。桓武天皇が観世音菩薩を深く信じられ、遠国の人が容易に参詣できないのを嘆き、賢応法師に勅を下したことから東面の山を切り開き、一宇を建立しました。

清水寺のホームページはこちら。

  第五十九番 管明寺
宗派 真言宗
寺院名 成就山 管明寺
所在地 佐渡市上新穂659番地
電話 0259-22-2257
本尊 不動明王
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 新穂停留所 下車500m

開基は天福元年巳年、佐渡に流された順徳上皇のご安泰祈願のため、比叡山坂本の山王権現を勧請され、十二坊を建立されました。毎年4月14日の大祭日の朝、別当12寺院の住職が日吉神社の拝殿にて読経を行っていましたが、その後弥勒坊と乗光坊が合併、さらにその後この乗光坊と三諦坊が昭和11年11月2日付け合併し、管明寺と改称するに至りました。

管明寺のホームページはこちら。

  第六十番 護村寺
宗派 真言宗
寺院名 北方山 護村寺
所在地 佐渡市新穂北方597
電話 0259-22-2235
本尊 不動明王
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 新穂停留所下車300m

北方地頭本間六郎満繁一族の菩提寺で、順徳上皇佐渡配流の際、池蔵人の発願により山王権現を比叡山坂本より勧請、十二坊の一坊として副別当職でした。

護村寺のホームページはこちら。

  第六十一番 善光寺
宗派 真言宗
寺院名 不捨山 善光寺
所在地 佐渡市新穂瓜生屋323
電話 0259-22-2191
本尊 善光寺一光三尊阿弥陀如来
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 新穂郵便局前停留所 下車500m

大同2年に弘法大師が全国を巡錫、佐渡に来島、この地の草庵に宿られた折、老松下に阿弥陀如来が出現し、信州善光寺の本尊と聖容一体の霊像であったため、弘仁2年、善光寺を建立し、七堂大伽藍を整えたと伝えられています。

  第六十二番 東光院(朱鷺の里寺)
宗派 真言宗
寺院名 龍亀山 東光院 (朱鷺の里寺)
所在地 佐渡市新穂長畝1630
電話 0259-22-3837
本尊 大日如来
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 新穂停留所 下車約3km(佐渡トキ保護センターから徒歩5分)

東光院は、弘仁元年(810年)に阿釈上人が開基したと伝えられています。山号の「龍亀山」は、鎌倉時代に佐渡に配流された順徳上皇が当地を訪れ、田園風景が亀甲のごとく明媚であったことからつけられたと伝えられています。

東光院 (朱鷺の里寺)のホームページはこちら。

  第六十三番 青龍寺
宗派 真言宗
寺院名 東光山 青龍寺
所在地 佐渡市旭615
電話 0259-27-6739
本尊 延命地蔵菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス本線 横山停留所下車3km

永禄10年、正親町天皇の御宇に僧慶尊の開基、創建と伝えられています。もとの寺名を龍蔵坊と称していましたが、部落名が青龍寺と称し、祖師恵果阿闍梨の御住寺も青龍寺なので、昭和17年3月7日に青龍寺と改称しました。

  第六十四番 湖鏡庵
宗派 曹洞宗
寺院名 龍首山 湖鏡庵
所在地 佐渡市新穂潟上1661
電話 0259-22-2226
本尊 釈迦如来
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 潟上坂上停留所 下車500m

文安2年潟上の地頭本間源太左エ門源高秀の創建で、寺堂に後花園天皇の宸筆「管公」の一軸があり、門前の竹林中に財喜坊真天の祠が近在の信仰を集めています。高台にある境内は加茂湖の眺望に適し、加茂湖八景の一つです。

  第六十五番 世尊院
宗派 真言宗
寺院名 大悲山 世尊院
所在地 佐渡市新穂潟上1450
電話 0259-22-2236
本尊 千手観世音菩薩
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 潟上坂上停留所下車300m

明応9年法印賢忠を開山とし、当時の潟上地頭が鎮護の祈願所として建立したものと伝えられます。

  第六十六番 昭和院
宗派 真言宗
寺院名 湊始山 昭和院
所在地 佐渡市湊23
電話 0259-27-2906
本尊 不動明王
交通案内 新潟交通佐渡バス南線 監督署前停留所 下車約100m

昭和7年釈迦院と花蔵院を合併しました。花蔵院の開基は永正8年、本尊は不動明王ですが、昭和院は山号、本尊をこの花蔵院から受け継ぎ、境内を釈迦院址としました。